オーダーデザインユニットバスのTokyo Bath Style・東京バススタイル。厳選したTokyo Bath Style仕様の特注ユニットバスから、
お客さまのイメージに合わせたオーダーユニットバスまで幅広くご提供いたします。

Tokyo Bath Style
  • お問い合わせ&資料請求
  • 概算見積依頼シート
導入事例紹介
2方向に抜けるオーダーメイドユニットバスの事例です
今回のオーダー内容は、2方向に抜けることの出来るユニットバス。
実は、扉が2方向にあるのです

壁と床を黒いタイルでまとめ、壁の一面だけアクセント壁として
モザイクタイルを貼った、その名も「2方向に抜けるユニットバス」

右側の画像を見て「え?これが本当にユニットバス?!」

そうおっしゃる方がほとんどです。
東京バススタイルのオーダーデザインユニットバスは、一品ごとに
完全オーダーメイドでお造りしています。
そのため設置場所に合わせて自由なレイアウトを可能にしています。

窓開口、梁欠、柱欠、ニッチ棚加工、トップライトへの対応など、
細部の仕上げも、オーダーメイドだからこそ、対応出来ます。

早速こちらの案件の レイアウトを文字で説明すると 『洗面脱衣所 ⇔ オーダーユニットバス⇔バスコート』な感じです。
続くバスコート(画像奥の部分)は、四方壁に囲まれた他所からの視線も気にならない、完全なプライベート空間。
扉のガラスは、バスコート側はクリアガラスを配して、一体感のある空間を演出。
洗面所脱衣所側は、フロストガラス仕様となっています。こうした使い分けも、東京バススタイルだからこそ。

タイルは黒をベースだからこそ、よりアクセント壁が映えるデザイン

使用面積が広く、素材感や色・大きさの違いにより、バスルームの印象を決める
大きな要素となる壁&床の仕上げ材。
東京バススタイルでは、タイル、天然石、木材などからお好みに合わせて
自由にお選びいただけます。また今回の案件のように、馬貼りをはじめ、斜め貼り、
ヘリンボーン等もオプションでお選びいただくことが出来ます。

今回の案件ですが、室内は600×300の大判タイルで、横広がり感をアップさせつつ、
バスルーム空間にアクセントを持たせるため、水栓取付面の壁面のみ、
モザイクタイルでアクセント付けをしました。

 


大判タイル側
馬貼りで、バスコートの壁と揃っております。

モザイクタイル側
こちらもバスコートとは、モザイクタイルに加えて、中空のカウンターベンチもお揃いです 。






今回の仕様はこちらです!
サイズ:1800×2200×H2500

バスタブ:ジャクソン ボボラッティ1685C ジェット仕様  追焚対応                

壁タイル:ダントー SAM STONE 300角
床タイル:ダントー SAM STONE 300角
扉及びFIX:強化ガラス

照明:山田照明製 浴室ダウンライト

手摺・タオルバー:リラインス

防湿ミラー:オリジナル

シャワー水栓:TOTO

 


【バスタブ】
バスタブの材質は、アクリル、FRP、人工大理石、ホーロー、天然石貼り、天然木などから、
機能は、ジェット、ブロー水中照明、マイクロバブルなどからご自由にお選びいただけます。
<主なメーカー>ジャクソン、カルデバイ、ウェルランド、TOTO,INAX、アルティス、檜浴槽、石貼浴槽 他

※バスタブ選びに迷ってらっしゃる方には、ご相談・ご提案させていただきます。

 

 

オーダーメイドだから、在来工法なみの自由度が可能。
今回はトップライト対応も有り。

バスタブやタイル、水栓などメーカーフリーで自由なレイアウトが可能です。

また市販のユニットバスでは対応できない、窓開口、狭小通路、変形形状、梁欠、柱欠、

バリアフリー加工はもちろん、壁面のニッチ加工、斜め天井をはじめ、

トップライトへの対応、タイルのデザイン貼りなどの細部の仕上げにも対応できます。

 

 

 

 

 

サイトマップ プライバシーについて   ©2014 Tokyo Bath Style All Rights Reseved.