オーダーデザインユニットバスのTokyo Bath Style・東京バススタイル。厳選したTokyo Bath Style仕様の特注ユニットバスから、
お客さまのイメージに合わせたオーダーユニットバスまで幅広くご提供いたします。

Tokyo Bath Style
  • お問い合わせ&資料請求
  • 概算見積依頼シート
導入事例紹介

600×300の大判ボーダータイルと
正面壁のハンスグローエさんの埋込水栓が映える、マンションリフォームの事例です

先日、マンションのフルリフォームの案件で、お納めしたオーダーユニットバスです

室内サイズは、2000×2000。室内高さは、約2300mm。
マンション最上階のため、天井裏スペースも高く、天井につけたオーバーヘッドシャワーが 宙に浮いた感じと、カウンター無し+壁埋込水栓という見た目のスッキリ感が◎な印象を与えるオーダーユニットバスの事例です。

タイルは、壁:アベルコ クオリティクオーツ × 床:LIXIL サーモタイルの組合せとなっています。 壁タイルは、全体で貼ると程よいグラデーションが効いたタイルで、サイズ感を更に活かす為に馬貼りしております。扉横に、横長のニッチ棚を設けて、収納スペースとしております。続く洗面脱衣所から眺めた時に、シャンプー等のアメニティグッスがニッチの中に隠れて、室内がスッキリと見える工夫もしました。
(壁が横長タイルですので、少し下目に設置した横長ニッチのデザインも秀逸だと思います。)
圧巻は、“目地色をタイルの色目と合せる”というオーダー。                   
INAXさんのスーパークリンバストイレの目地の配合を駆使して、色目を調整しました。
扉は、強化ガラス扉とFIXの組合せ。これまた、方立(ほうだて)の無いスッキリ仕様ですので、 扉を閉めると、一面ガラス壁に見えます。 壁上部にもFIXを付けて、明り取り窓を演出しました。






バスタブ/ジャクソン

バスタブはジャクソンさんの不動の定番モデル ベンティ ジェット&ブロー仕様をお選びいただきました。サイズ:1660×850×620㎜  満水容量 330ℓ
ジャクソンのアクリルバスは、一体成型で補強構造のため、平滑な表面、美しさ、耐用年数、耐候性に優れているのが特徴です。またアクリル素材は他の素材よりも、傷や汚れが付きにくく、軽量で、雑菌の繁殖を抑える効果があります。
さらには ヘッドレストが付くバスタブの短手側の両サイドにも、150mm程度の十分なデッキスペースを設けて、見た目の窮屈感無く仕上げております。

 

 

 


シャワー水栓/ハンスグローエ

「海外のホテルのバスルームのような雰囲気にしたい」とおっしゃるお客様にご好評なのが、オーバーヘッドシャワー。ふんわり柔らかなヨーロピアンシャワーの浴び心地を実現する、ハンスグローエ社のオーバーヘッドシャワーは、水1粒あたりの表面積が大きいため、温まりやすく、冷めにくいシャワーをお楽しみいただけます。


実は、ハンスグローエさんのHPでも紹介されておりますので、こちらもご参考になさってください。 ハンスグローエさんの紹介ページ

 



浴室内AV機器も充実しています
今回は浴室AV機器も充実しております。
浴室テレビは、中野エンジニアリングさんのIIZA1800。
18インチの浴室テレビで、今回は外部入力パーツも使って、オーナーさんの趣味の域をとっくに通り越したゴルフのケーブルチャンネルも、バスタブ浸かりながら楽しんで頂ける様になっております。

天井の浴室スピーカーは、YAMAHA製。洗面脱衣所側の壁に入力スイッチプレートをつけて、そこにipod等をステレオジャックで差し込めば、気持ち良く、音楽もお聞き頂けます。リモコン式でバスタブでお湯に浸かりながら、音量の他、左右のスピーカーバランスまで調整可能のスグレモノ。 (写真左の丸いモノがスピーカーです。実際には、もう1個ついてます。)
東京バススタイルのオーダーメイドユニットバスでは、バスタブやタイルといったアイテム以外に
手すり、タオルバー、棚、浴室用鏡をはじめとするアクセサリー類や、浴室テレビ、
浴室スピーカーなどのオーディオ機器など、必要に応じてお選びいただけます。
ご興味のある方は、ぜひご相談下さい!

同世代のオーナーのE様ご夫妻とは、打合せも大変弾みまして、私達も造り甲斐のあるオーダーユニットバスとなりました。
E様、有難うございました!


サイトマップ プライバシーについて   ©2014 Tokyo Bath Style All Rights Reseved.