オーダーデザインユニットバスのTokyo Bath Style・東京バススタイル。厳選したTokyo Bath Style仕様の特注ユニットバスから、
お客さまのイメージに合わせたオーダーユニットバスまで幅広くご提供いたします。

Tokyo Bath Style
  • お問い合わせ&資料請求
  • 概算見積依頼シート
導入事例紹介
高層マンションリフォームにお納めした、オーダーメイドユニットバスの事例です。
今回お納めしたのは、1600×2200×H2200サイズのユニットバスです

高層マンションのリフォーム案件でお納めした、オーダーデザインユニットバスのご紹介です。室内内寸は、1600×2200×H2200サイズ。 通常の規格サイズでは無い上、窓開口のあるこちらのユニットバス 。 扉及びFIXは、テンパーガラス仕様をお選びいただきました。右の画像を見ていただくと分かりますが、ちょうど目隠しになるように一部フロストの飛散防止フィルムを貼っています。

扉&FIXは、使い勝手やお好みに合わせた扉選びが可能です。

 

■強化ガラスドア

(ガラスの1枚扉とシャープなステンレスフレームの組み合わせはグレード感を

重視する方向けの仕様となっています)

■強化ガラス入りアルミ框ドア

(特注で用意したステンカラ色の扉枠とクリアガラスの組み合わせは、クラス感を

損なうことなく、満足していただける、東京バススタイルならではの仕様です)


上記以外にもお好みや設置場所に応じた様々なタイプの扉をご用意しています。


バスタブもお好みに合わせて自由にお選びいただけます

今回お選びいただいたのは、TOTO ネオマーブバス。サイズは1600×900×645(500)mm。プッシュ排水栓式で、オプションで追焚対応を付けています。TOTOのネオマーブバスは、柔らかな肌触り、滑らかで透き通るような光沢が特徴。多彩なカラーで美しくバスルームを彩る、不飽和ポリエステル系人工大理石のバスタブです。横幅が900mmあるのでゆったりとした入り心地を感じていただけるかと思います。

バスタブの材質は、アクリル、FRP、人工大理石、ホーロー、天然石貼り、天然木などから、機能はジェット、ブロー、水中照明、マイクロバブルなどからご自由にお選びいただけます。とはいえ、たくさんある種類のバスタブから、どれを選べばいいのか迷うところです。ユニットバスの室内寸法やお好みに合わせてご提案することも可能ですので、お気軽にご相談ください。



窓際には、ベンチ兼用カウンターを設置

横幅2200mmという長さを利用し、扉を中心にして右側にはバスタブを設置、中央には、シャンプーなどを置くための通常の洗い場カウンターを人工大理石で特注製作し使い勝手を確保したうえで、左側にはシャワー水栓、窓際にはカウンター兼ベンチを設置して、くつろぎのスペースを作りました。 オーダーメイドでお造りするからこそ、今回の事例のように、お使いになる方が一番使いやすいように、さらにはリラックス出来るスペースとなるように、オーナー様のこだわりを活かしたユニットバスをお造りします。

 

他に、例えば壁面にニッチ壁を設けたり、柱欠けや梁欠けに対応したり、タイルをデザイン貼りにしてみたり、といった、市販のユニットバスでは出来ないことも、オーダーメイドで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

その他の仕様はこのようになっています

一見すると「ユニットバス」には見えない、自由度の高さが特徴の完全オーダーメイドのユニットバスをお造りしています。市販のユニットバスでは物足りないと思うお客様にこそオススメしたい、オーダーメイドのユニットバスです。

 

シャワー水栓:TOTO     

シャワーバー:リラインス     

棚、物干バー、パイプ縦収納:リラインス

照明:KOIZUMI照明

壁タイル:アドヴァン マルチクオーツ MJ-VQ 595×595

床タイル:リクシル サーモタイル IFT-300/QZ-32

カウンター天端材:人工大理石(特注製作)

 

ユニットバスなので、高い防水性能はそのままに、機能や価格だけでなく、デザインや質感を大切にお選びいただけるよう、東京バススタイルでは、様々なブランド、メーカーからご自由にアイテムを組み合わせてお選びいただけます。さらに柱欠・梁欠・斜め天井を始め、壁面のニッチ加工やタイルのデザイン貼りなど細部の仕上げも対応できます。またユニット防水工法により、高い防水性能を実現し、木造2階建ての建物やマンションに導入できるのも魅力です。

 



サイトマップ プライバシーについて   ©2014 Tokyo Bath Style All Rights Reseved.