オーダーデザインユニットバスのTokyo Bath Style・東京バススタイル。厳選したTokyo Bath Style仕様の特注ユニットバスから、
お客さまのイメージに合わせたオーダーユニットバスまで幅広くご提供いたします。

Tokyo Bath Style
  • お問い合わせ&資料請求
  • 概算見積依頼シート
導入事例紹介
先日お納めしたオーダーメイドユニットバスの事例です。
ご自宅の最上階の4階浴室改修にお選びいただきました。

先日お納めしたユニットバスです。こちらは、オーナー様のご自宅の最上階の4階浴室改修に東京バススタイルのオーダーユニットバスをお選びいただきました。浴室が最上階にありますので、防水性能の高さは必須事項ですが、バスタブからの眺めも重視した造りということで、特注でユニットバスをオーダーいただきました。

しかも、進化型とも言える造り込みのディテールも登場。特にポイントとなるのは、浴槽廻りの納め方。柱欠有り、斜め壁対応、サンルーフ窓枠対応等のギミック満載です。今回はその構造的な説明をしたいと思います。

 

 

まず目に入るのは、柱に沿った斜め壁対応。今までにも、複数個所の柱欠けや梁欠け塔の対応もしてきましたが、ついにその進化型の3D対応バージョンです。 柱欠けに沿った形のTOTOさんのバスタブをチョイス。 しかも、このレイアウトに合わせて特注加工してもらっています。 浴槽側の壁と天井の半分は、サンルーフになっており、夏には窓を開けて 夕涼みしながらのバスタイムも可能です。  全て手前みそですが、在来工法の自由度に更に近づいた今回のオーダーユニットバス、しかも、防水性能の安心感はそのままに、ここまでレイアウトの作り込みが可能ですので、東京バススタイルでは、安心してトコトンまでバスルームを自由にデザインしておつくりいただけます。

 

 


お選びいただいたタイルや設備機器のご紹介です

まずはタイルから。床タイルはLIXILさんのサーモタイル。特に冬場の足元ヒンヤリ感を抑えたこちらのタイル。サーモタイルとは、エネルギーを使わずに足元ヒンヤリを解消するタイルで、タイル内に空気を含んだ断熱層を持つ独自技術で製造されており、従来のタイルと比べて足を室内に入れた時の足裏から床タイルへ伝わる熱を低減することで、ヒンヤリ感を緩和してくれます。これだけ広い空間だと、冬場は特にタイルの冷たさが気になるもの。サーモタイルでそれも和らげてくれます。
壁はアベルコさんのセントラバチーノ 磨きタイプ。大理石のトラバーチンを模したタイルですが、色や柄目に加えて、石表面の穴までも再現しておりますので、パッと見だけでなく、じっくり見ても石そのもの。通常、大理石を浴室の壁に貼りますと、表面の穴から汚れが染み込んだりしてメンテナンスが大変ですが、タイルですので、その辺は気兼ねなく使用できます。
また、トラバチーノは、色パターンだけでなく、磨き・マットの表面仕様違いや、300角、400角、600角、600×300という4パターンのサイズ展開ですので、お好みにあわせて大理石調のバスルームを再現することが可能です。今回は600×300サイズの大判ボーダータイルを選んでいます。洗面所側の壁もバスルームと同じタイルですので、この空間に入った一体感は荘厳の一言。
斜め柱部分もセントラバチーノを貼っております。磨きタイルですので、端口のR面取り+磨き処理も出来、端部まで作り込みが出来て、組立映えするタイルだと思います。

 



シャワー水栓はグローエ社製品をお選びいただきました

シャワー水栓は、グローエ社のグローサーモ2000モデル。
壁の600×300の大判タイルに負けない、ずっしりとした存在感のある形と使いやすいハンドルバーの水栓です。弊社のお客様の間でも人気の高いグローエ社製品。バラエティ豊かなグローエのシャワー水栓は、どんなバスルームにも調和するシンプルなデザインと多彩な機能を併せ持っています。特にサーモスタットが組み込まれた「レインシャワーシステム」や「ユーフォリアシャワーシステム」をはじめとして、様々なサイズ、デザインのオーバーヘッドシャワーやハンドシャワーを組み合わせて、お好きなシャワーシステムを作り上げることが出来るパーツも揃っています。

 

 

今回のバスルーム改修で一番のポイントとなったバスタブ

選んだのは、TOTOネオエクセレントシリーズ PAS1620モデル。ポイントは、通常の向きを反対にして、柱欠部分に沿わせることが出来たこと。但し、今回のバスタブ設置向きは通常モデルと反対のため、排水プッシュボタン位置等を逆にしてもらったりの特注対応をTOTOさんにお願いすることに。さすが、水廻りの日本のリーディングカンパニーだけあって、特注対応もバッチリです。さらに、水中照明を付けてもらっての、こだわりのバスタブです。

この他、室内のメイン照明はダウンライトにして、室内をすっきりと見せることにしました。また、バスタブについた水中照明に連動していますので、水中照明スイッチを入れると、自動でダウンライトが暗くなり、リラックスムードが増す演出です。窓側の壁には、LEDスポットライトをつけて、デッキに観葉植物を置いたときに、ライトアップ出来るようにするなど、細部に至るまでこだわりの詰まった、まさに世界でたったひとつのオーダーメイドユニットバスの出来あがりです。

 

サイトマップ プライバシーについて   ©2014 Tokyo Bath Style All Rights Reseved.