オーダーデザインユニットバスのTokyo Bath Style・東京バススタイル。厳選したTokyo Bath Style仕様の特注ユニットバスから、
お客さまのイメージに合わせたオーダーユニットバスまで幅広くご提供いたします。

Tokyo Bath Style
  • お問い合わせ&資料請求
  • 概算見積依頼シート
導入事例紹介
無駄を削ぎ落した、、スタイリッシュなバスルーム空間の事例
戸建て新築にお納めした、ユニットバスの事例です

新築戸建て1階部分にお納めした、オーダーメイドユニットバスの事例です。サイズは、1700×2130×H2130。東京バススタイルでは、オーダーメイドで一品ずつユニットバスをお造りしていますので、通常の規定サイズにこだわらず、今回のようなサイズでも、ユニットバスをお造りすることが可能です。
ユニットバス内には、壁一体型ライニング式カウンターを設置。正面には、窓開口が1箇所あります。窓枠は、壁と同じタイル仕上げ材で一体感を持たせています。

 

 

 

 


洗面水周り空間からの、統一感ある空間づくり

今回お選びいただいた扉は、強化ガラス入りアルミ框扉。特注で用意したステンカラー色の扉枠とクリアガラスの組み合わせは、クラス感を損なうことなく、満足していただける、東京バススタイルならではの仕様です。こだわりの洗面スペースから続く、バスルームスペースとの空間を、決して遮ることなく、統一感を持たせることに一役買っていると言えるでしょう。

東京バススタイルでは、扉もお好みや用途によって、お選びいただくことが可能です。強化ガラスドア(ガラスの1枚扉とシャープなステンレスフレームの組み合わせは、グレード感を重視される方向けの仕様となっています)、今回の強化ガラス入りアルミ框ドア、テンパーガラスの引き戸、アルミ框ドア、折れ戸等、様々なタイプの扉をご用意しています。

 

 

 

 

 

 

 



 


バスタブは、ジャクソン ネオベンティをお選びいただきました

今回お選びいただいたバスタブ、弊社のお客様にとても人気の高い、ジャクソンのバスタブ ネオベンティ 1600サイズの、半身浴ベンチ付きタイプ。グレーを基調にした、スタイリッシュな雰囲気に、バスタブの白がきれいに映えています。

JAXSONのバスタブは、シャープなエッジと柔らかな曲線による、デザインの完成度の高さに加え、表面密度が高くて汚れが付きにくいので、お手入れも簡単なのが特徴です。こちらのネオベンティは浴槽内に半身浴も出来るステップが付いており、入浴時にリラックスしながら本を読んだり、音楽を聴いたりするのにもピッタリなモデルです。

東京バススタイルでは、ひとつひとつ、オーダーメイドでユニットバスをお造りして
いますので、バスタブもお好みに合わせてお選びいただくことが出来ます。
バスタブの材質は、アクリル、FRP、人工大理石、ホーロー、天然石貼、
天然木などから、機能は、ジェット、ブロー、水中照明、マイクロバブルなどから
お選びいただけます。また、バスタブ選びに迷っていらっしゃる方には、
設置場所やお好みを伺ったうえで、ご提案させていただきます。


オーダーメイドだから、在来工法なみの自由度が可能

東京バススタイルのオーダーデザインユニットバスは、バスタブやタイル、水栓など、メーカーフリーで、自由なレイアウトが可能です。梁欠け、柱欠け、バリアフリー加工はもちろん、壁面のニッチ加工、斜め天井を始め、タイルのデザイン貼りなど細部の仕上げも対応できます。またユニット防水工法により高い防水性を実現し、木造2階建ての建物やマンションに導入できるのも魅力です。

 

【今回の主な仕様】

室内内寸:1700×2130×H2190
扉及びFIX:アルミ框ドア(面材:透明ガラス)

壁一体型ライニング式カウンター
窓開口加工(タイル貼仕様)

バスタブ:ジャクソン
シャワー水栓:TOTO

シャワーセット:ハンスグローエ(シャワーヘッド・ホース・シャワーバー・フック)
壁タイル:リビエラ V-Stone
床タイル:INAX サーモタイル
照明:LEDダウンライト



サイトマップ プライバシーについて   ©2014 Tokyo Bath Style All Rights Reseved.