オーダーデザインユニットバスのTokyo Bath Style・東京バススタイル。厳選したTokyo Bath Style仕様の特注ユニットバスから、
お客さまのイメージに合わせたオーダーユニットバスまで幅広くご提供いたします。

Tokyo Bath Style
  • お問い合わせ&資料請求
  • 概算見積依頼シート
導入事例紹介
プライベートな空間だからこそ、
大人のラグジュアリー感とリラックスできる落ち着いた雰囲気を共存させて
マンションのリフォーム案件でお納めした、ユニットバスの事例です

今回お納めした、こちらのオーダーユニットバス。
設計は、スネヤアキラ建築設計室様。
広い空間の一角にある、テンパーガラスを多用した、非常に開放的ですっきりとしたバスルーム空間に仕上がりました。室内内寸は、1810(1315)×2260(1775)×H2120。 ご覧の通り、柱欠けや窓開口があり、市販のユニットバスでは対応出来ないサイズとなっていますが、東京バススタイルでは、一品ずつオーダーメイドでユニットバスをお造りしていますので、今回の案件のようなサイズであっても、対応が可能なのです。

まずは、全体のイメージを大きく左右する壁や床の仕上げ材について。
壁には、アドヴァン ミネラルD リビング600角のホワイト(磨き)、
床には、同じくアドヴァンのミネラルD。
こちらは、300×600サイズ ブラウン(グリップ)。
壁は光沢有の600角サイズ、 床には一段濃いトーン(ブラウン)で、滑りにくい
グリップ仕様の長方形タイルを、 目地をずらした1/2横馬貼り仕上げ。
よく見ると、非常にこだわった貼り方となっています。

扉及びFIXは、高級感溢れるテンパー仕上げ。扉に合わせて、扉横FIXは、全面 方立有りの仕様。長手側FIXは、L字レイアウトになっており、高さは腰上上部。これだけの開放感、ラグジュアリー感を醸し出せるのも、テイストの統一が図れていることに加え、テンパーガラス仕様の扉やFIXも、それに一役かっていると言えるでしょう。すっきりと纏まった室内は、まるでインテリア雑誌から抜け出してきたかのようです。

 

 


バスタブは、カルデバイのホーローバスタブをお選びいただきました

今回お選びいただいたバスタブは、弊社のお客様の間で、JAXSONと人気を二分する、カルデバイのホーロー製バスタブ「メガデュオ」1800サイズ。追い炊き機能付き。

カルデバイは、1918年ドイツでホーロー製品メーカーとして設立されました。
ホーローバスタブは、鉄の鋼板 1枚板から作られており、カルデバイは、ヨーロッパをはじめ、世界中で非常に評価の高いメーカーとして知られています。今回お選びいただいた、 「メガデュオ」は、内側がピーナッツのようなユニークな形状が特徴。肩まわりが丸く、ゆとりがありながらも、安定感のあるモデル。こちらの1800サイズは、身長180㎝前後の男性に ちょうど良く、また大人二人が向かい合っての入浴も可能。バスクッショを用いれば、ちょっと大きいかなと思う小柄な女性も、
安心して入浴できるようになっています。

浴室テレビは、ツインバード22インチ。大き目のバスタブにゆったり浸かって
のんびりお気に入りのテレビを見る。何よりもの至福のひと時と言えましょう。
水栓金具は、ハンスグローエ社製品。シンプルですっきりとしたデザインが特徴です。
鏡やタオルバーといったアイテムは、極力削ぎ落し、シンプルですっきりとした、

飽きの来ないバスルームとなりました。


細部にまで、こだわりを反映

東京バススタイルのオーダーデザインユニットバスは、バスタブやタイル、水栓など、メーカーフリーで、自由なレイアウトが可能です。梁欠け、柱欠け、バリアフリー加工はもちろん、壁面のニッチ加工、斜め天井を始め、タイルのデザイン貼りなど細部の仕上げも対応できます。またユニット防水工法により高い防水性を実現し、今回のようなマンションリフォームや、あるいは木造2階建ての建物に導入できるのも魅力です。
右の画像のように、柱欠部分と窓開口があっても、オーダーメイドでお造りするからこそ、対応が出来るのです。


【今回の主な仕様】

室内内寸:1810(1315)×2260(1775)×H2120
扉及びFIX:テンパーガラス仕様
柱欠加工・ 窓枠加工
バスタブ:カルデバイメガデュオ リム付
シャワー水栓:ハンスグローエ
壁タイル:アドヴァン ミネラルDリビング ホワイト磨き
床タイル:アドヴァン ミネラルD ブラウン グリップ仕様
照明:LEDダウンライト
浴室テレビ:ツインバード 22インチ
フック:セラ ボラ VLT17-16

 


雰囲気の異なるシャワーブースもお納めしました

今回、もう一か所、オーダーのシャワーブースもお納めしました。
どうでしょう。選ぶ壁や床の仕上げ材で、ここまで雰囲気が異なるのです。前述の、ベージュの柔らかな雰囲気とはガラッと異なり、シックで大人な雰囲気のシャワーブースです。サイズは、1000×1730×H2140。
こだわりは、グレーの石調タイル 895×446サイズを、895×223に2分割カット。それを、目地をずらした、1/3横馬貼りで貼っている点。床は、リクシルのサーモタイルを、目地を揃えたイモ貼りで貼っています。シャワーブースと言えど、オーダーでお造りするからこそのこだわりがお分かりいただけるでしょう。 また、ニッチ壁背面部には、ブラック系モザイクタイルを貼り、さらにLEDライン照明を配しているところも、ぜひ注目いただきたいポイントです。


【今回の主な仕様】

室内内寸:1000×1730×H2140
扉及びFIX:テンパーガラス仕様
ニッチ棚加工 ※ニッチ上にLEDライン照明設置加工有り
シャワー水栓:ハンスグローエ
壁タイル:アドヴァン ピエトレミスタ クオーツサイト
ニッチ背面部:マラッツィ モザイクタイル
床タイル:リクシル サーモタイル
照明:LEDダウンライト


サイトマップ プライバシーについて   ©2014 Tokyo Bath Style All Rights Reseved.