オーダーデザインユニットバスのTokyo Bath Style・東京バススタイル。厳選したTokyo Bath Style仕様の特注ユニットバスから、
お客さまのイメージに合わせたオーダーユニットバスまで幅広くご提供いたします。

Tokyo Bath Style
  • お問い合わせ&資料請求
  • 概算見積依頼シート
導入事例紹介
シャワーブースも、オーダーメイドで。
新築戸建ての2階にお納めした、シャワーブースの事例です

今回新築戸建ての2階部分にお納めした、こちらのオーダーシャワーブース。
シャワーブースと合わせて、ユニットバスもお納めしましたが、

ユニットバスについては、また次回の事例紹介にてご紹介します。

さて、こちらのシャワーブース。サイズは、1060×1200(ニッチ含む1350)×H2100。
窓開口1箇所有り。
扉及びFIXは、高級感溢れるテンパー仕上げ。扉に合わせて、扉の両横にFIXを配置。
シャワーブース=狭いイメージを払拭。窓開口のお陰もあり、開放感あふれる空間となりました。

 


テンパー扉とFIXで開放感溢れる空間へ

シャワーブースというと、狭い空間をイメージしがちですが、限られたスペースであっても、今回の事例のように、テンパー扉とFIXを多用することで、今回のように開放感が感じられる空間を作り出すことが可能です。
また、洗面スペースからの、テイストの統一感も手伝って、落ち着いた、高級感ある雰囲気に仕上がっていることが、お分かりいただけることと思います。

壁の仕上げ材は、名古屋モザイク アルファヒルズ ブラウン(部分磨き)300×600サイズ。床には、リクシル サーモタイル グランリベルタ 300×600サイズを採用。
落ち着いたブラウンの色味同士の組み合わせ。300×600サイズの長方形タイルを使うことで、限られた空間でも、横長の視覚効果でゆったり見えるのもポイント。
タイルの目地は揃えたイモ貼りで、すっきり仕上げています。


細部にまで、こだわりを反映

東京バススタイルのオーダーデザインユニットバスは、バスタブやタイル、水栓など、メーカーフリーで、自由なレイアウトが可能です。梁欠け、柱欠け、バリアフリー加工はもちろん、壁面のニッチ加工、斜め天井を始め、タイルのデザイン貼りなど細部の仕上げも対応できます。またユニット防水工法により高い防水性を実現し、今回のようなマンションリフォームや、あるいは木造2階建ての建物に導入できるのも魅力です。
右の画像のように、ニッチ加工を設けることで、棚などを壁に取り付けることなく、収納スペースを確保。もちろん、ニッチ棚の大きさも、設置条件にはよりますが、大きさも、右記画像より小さくしたり、あるいは縦長にしたりなど、対応も可能です。ご相談ください。


【今回の主な仕様】

室内内寸:1060×1200(ニッチ含む1350)×H2100
扉及びFIX:テンパーガラス仕様
ニッチ棚加工・外窓開口
シャワー水栓:TOTO
壁タイル:名古屋モザイク アルファヒルズ ブラウン
床タイル:リクシル サーモタイル
照明:LEDダウンライト チ
物干バー及びフック:リラインス

 


世界でたったひとつのシャワーブース

東京バススタイルでは、ユニットバスだけではなく、シャワーブースも、オーダーメイドでお造りしています。サイズも自由に、壁や床の仕上げ材も、シャワー水栓も、お好みに合わせて自由にお選びいただけます。今回の事例のように、窓開口があったり、ニッチ棚を付けたり、マンションや戸建て2階にも、設置が可能。
まさに、世界でたった一つのシャワーブース。お選びいただく選択肢は、無限大。

弊社ショールームには、シャワーブースとユニットバスのサンプルが1台ずつ、設置しており、実物を見ながら、納まりやサイズ感、イメージなどをお打合せしながら、ひとつひとつ、決めていきます。ぜひ、一度、ショールームに足をお運びください。なお、他のお客様と重ならないように対応させていただきますので、予めご予約いただくことをオススメしています。お気軽にお問合せください。


サイトマップ プライバシーについて   ©2014 Tokyo Bath Style All Rights Reseved.