オーダーデザインユニットバスのTokyo Bath Style・東京バススタイル。厳選したTokyo Bath Style仕様の特注ユニットバスから、
お客さまのイメージに合わせたオーダーユニットバスまで幅広くご提供いたします。

Tokyo Bath Style
  • お問い合わせ&資料請求
  • 概算見積依頼シート
導入事例紹介
マンションリフォーム案件でお納めした、オーダーユニットバスの事例
マンションリフォーム案件でお納めした、ユニットバスの事例です

今回お納めしたユニットバスのサイズは、1600×1950×H2200。
窓開口の無い、奥まった空間でありながら、入り口のテンパー扉&全面FIXで、シンプルながら、落ち着いた雰囲気とラグジュアリーさを兼ね備えた、明るく開放感あるバスルーム空間となりました。
全体の雰囲気を左右する、壁の仕上げ材には、マリストの石調タイル ストーンプロジェクト ブレラ ナチュラル 600角を採用。このタイルは、ヨーロッパの伝統的な天然石の重厚感を細部まで模したタイル。表面は、ナチュラル面と石面の2種類ある中、今回は、ナチュラル面のタイルをお選びいただきました。
床には、リクシル サーモタイル プレージョシリーズ 300×600サイズ。壁と雰囲気を合わせた色味をセレクト。バスルーム全体の統一感が取れ、柔らかく上品な雰囲気に仕上がりました。


バスタブは、ウェルランド スクエア1600

今回お選びいただいたバスタブは、ウェルランド スクエア1600。
ノーマル仕様。サイズは、1600×800×510(420)㎜。満水容量 295ℓ。今回お納めしたバスタブは、 浴槽内グリップ、ワンプッシュ排水栓仕様、追い炊き対応となります。
シンプルでスクエアなフォルムは、飽きが来ず、長く愛用いただける形状となっています。

東京バススタイルでは、バスタブもお好きなものをお選びいただけます。バスタブの材質は、アクリル、FRP、人工大理石、ホーロー、天然石貼、天然木などから、機能は、ジェット、ブロー、水中照明、マイクロバブルなどからご自由にお選びいただけます。また、バスタブ選びに迷っていらっしゃる方には、相談の上、ご提案する
ことも可能ですので、お気軽にお尋ねください。












細部にまで、こだわりを反映

東京バススタイルのオーダーデザインユニットバスは、バスタブやタイル、水栓など、メーカーフリーで、自由なレイアウトが可能です。梁欠け、柱欠け、バリアフリー加工はもちろん、壁面のニッチ加工、斜め天井を始め、タイルのデザイン貼りなど細部の仕上げも対応できます。またユニット防水工法により高い防水性を実現し、マンションリフォームや、あるいは木造2階建ての建物に導入できるのも魅力です。


【今回の主な仕様】

室内内寸:2200×2500×H2300
扉及びFIX:テンパーガラス仕様
シャワー水栓:TOTO
シャワーバー:ハンスグローエ
壁タイル:マリスト ストーンプロジェクト ブレラ ナチュラル 600角
床タイル:リクシル サーモタイル プレージョ 300×600
バスタブ:ウェルランド スクエア1600
照明:LEDダウンライト
物干バー、タオルバー、手摺、棚:リラインス

 


東京バススタイルのオーダーユニットバスとは・・・

「好きなタイルや部材を組み合わせて自由にユニットバスを作れる」 というのはオーダーメイドなので大前提。 そこから更に一歩踏み込んだディテールの部分をどうするかまでこだわってこそ、 オーダーメイドでユニットバスを造ることの醍醐味であり、楽しさであると東京バススタイルは考えます。

ユニットバスをオーダーメイドで作りたいというのは、 実はお客様お一人お一人、それぞれにこだわりたい箇所があるからこそ。例えば、テラスドアや大型の窓をつけて、四季の移ろいを楽しみたかったり、 バスルームそのものを他の部屋と同様にインテリア空間として演出したり、 お風呂に入りながら、夜景や星空、あるいは展望を楽しんだり、 頭の中に思い描くイメージをそのまま形にしてみたり。

 

実際にこれまで東京バススタイルでご相談を受け、お話を伺いながら
「こだわり」の詰まったバスルームを数多く手がけてお納めしてきましたが、
どれ一つとして、同じものをお造りしたことはありません。
つまり、どれもが、世界でたったひとつしか存在しない、
お客様だけのオーダーメイドユニットバスなのです。

サイトマップ プライバシーについて   ©2014 Tokyo Bath Style All Rights Reseved.