オーダーデザインユニットバスのTokyo Bath Style・東京バススタイル。厳選したTokyo Bath Style仕様の特注ユニットバスから、
お客さまのイメージに合わせたオーダーユニットバスまで幅広くご提供いたします。

Tokyo Bath Style
  • お問い合わせ&資料請求
  • 概算見積依頼シート
導入事例紹介
窓開口、外扉開口有り。バスタブもオーダーで製作。
東京バススタイルのオーダーユニットバスなら、ここまで出来ます!
新築戸建ての1階にお納めした、ユニットバスの事例です

前回、導入事例50で紹介した、オーダーシャワーブースと同じ案件に、オーダーユニットバスもお納めしました。こちらは、新築戸建て1階への設置となります。

ユニットバスのサイズは、2200×2500×H2300。大型サイズに加え、画像からも分かる通り、外窓開口や外扉開口もあり、更には、バスタブも完全オリジナルで製作。

オーダーメイドのユニットバスの真骨頂ともいえるユニットバスの事例でしょう。

東京バススタイルでは、サイズも自由自在。今回の事例のように、窓開口や外扉開口があっても、それに合わせて、ユニットバスを完全オーダーメイド。そのうえ、ご希望に応じて、中の仕様もメーカーフリーでお好みに合わせてお選びいただけます。

 


バスタブも、オーダーメイドで製作しました

大型ユニットバスに合わせて、今回の事例では、バスタブも完全オーダーメイド。
バスタブサイズは、2200×1200×500。
仕上げ材には、御影石(ダコタマホガニー バーナー)を使用。壁や床のタイルに合った、落ち着いた雰囲気の御影石の色をお選びいただいたので、バスルーム全体の統一感も取れています。バスタブ吐水用止水ハンドルは、温泉、湯、水と3か所。 一番左には、オリジナルバスタブに貼っている同じ御影石で、 特注の御影石製吐水口も製作。加えて、窓枠及びカウンター天板部も、同じ御影石仕上げとなっています。
壁の仕上げ材は、アドヴァン ミネラルD 600角。天然石の石目模様をそのままタイルにした、雰囲気のあるタイルは、弊社のお客様にも人気のシリーズです。今回は、ミネラルDのベージュをお選びいただきましたが、他に、ホワイト、グレー、ブラックと、いずれも石目模様を再現した全4色展開ですので、同じシリーズであっても、
お選びいただく色で雰囲気の変化を 楽しめることと思います。
床の仕上げには、リクシル サーモタイル 300×600を目地をずらした、馬貼りで貼りました。


細部にまで、こだわりを反映

東京バススタイルのオーダーデザインユニットバスは、バスタブやタイル、水栓など、メーカーフリーで、自由なレイアウトが可能です。梁欠け、柱欠け、バリアフリー加工はもちろん、壁面のニッチ加工、斜め天井を始め、タイルのデザイン貼りなど細部の仕上げも対応できます。またユニット防水工法により高い防水性を実現し、マンションリフォームや、あるいは木造2階建ての建物に導入できるのも魅力です。


【今回の主な仕様】

室内内寸:2200×2500×H2300
扉及びFIX:テンパーガラス仕様
外窓開口2か所
シャワー水栓及びバス水栓:TOTO
壁タイル:アドヴァン ミネラルD ベージュ マット仕上げ
床タイル:リクシル サーモタイル
バスタブ:オリジナル御影石貼浴槽
照明:LEDダウンライト
防湿ミラー:SUS枠浴室ミラー
物干バー、タオルバー:リラインス

 


開放感あるテンパー扉&FIX

入口は、ステンレス鏡面枠テンパー扉及びFIX。サイズは、いずれも800×2100。飛散防止フィルムは、開放感のあるクリアをお選びいただきました。飛散防止フィルムは、クリアの他に、柄入りやフロストなど、お好みに合わせてお選びいただけます。
自由自在、お好みに合わせて、ひとつひとつ、アイテムや仕様を選んでいく楽しみ。
お選びいただく選択肢は、無限大。

弊社ショールームには、シャワーブースとユニットバスのサンプルが1台ずつ、設置しており、実物を見ながら、納まりやサイズ感、イメージなどをお打合せしながら、ひとつひとつ、決めていきます。ぜひ、一度、ショールームに足をお運びください。なお、他のお客様と重ならないように対応させていただきますので、予めご予約いただくことをオススメしています。お気軽にお問合せください。


サイトマップ プライバシーについて   ©2014 Tokyo Bath Style All Rights Reseved.