オーダーデザインユニットバスのTokyo Bath Style・東京バススタイル。厳選したTokyo Bath Style仕様の特注ユニットバスから、
お客さまのイメージに合わせたオーダーユニットバスまで幅広くご提供いたします。

Tokyo Bath Style
  • お問い合わせ&資料請求
  • 概算見積依頼シート
導入事例紹介
戸建てリフォームでお納めした、オーダーユニットバスの事例
戸建てリフォームでお納めした、オーダーユニットバスの事例です

1550×2000×H2200サイズの、ラグジュアリー感溢れるオーダーユニットバスをお納めしました。1600×2000サイズというのは市販でもありますが、1550×2000というサイズは、オーダーメイドだからこそ造れるサイズ。壁一体型ライニング式カウンター、窓開口や窓周りのタイル仕上げ、壁タイルの貼り分けもまた然り。ひとつひとつに、オーナー様ご夫妻の「こだわり」が感じられます。

 



バスルーム全体の印象を大きく左右する壁や床の仕上げ材

バスタブや水栓、棚といった一つ一つのアイテムはもとより、バスルーム全体の雰囲気を大きく左右するのが、壁や床の仕上げ材です。落ち着いた雰囲気なのか、シャープでモダンな雰囲気なのか、明るくきれいな色を使うのが好きなのか。これには正解は無く、まさに三者三様。例えば「ベージュのタイル」と一口に言っても、大理石調磨きタイルなのか、岩面なのか、マット調なのか、あるいは模様がうっすら入っているのか。壁面を1面だけ、今回の事例のように同じシリーズで濃い色でアクセントにするのか等々、選び甲斐があるのが壁や床の仕上げ材選びでもあります。




バスタブはジャクソン

今回お選びいただいたバスタブは、ジャクソン ベンティ1585ARC(サイズ:1490×840×620㎜ 容量:295ℓ)。コンパクトなサイズながら、アームレストや半身浴ステップ付きモデルですので、入浴時にリラックスしながら本を読んだり、音楽を聴いたりするのにもぴったり。浴槽内は曲線で仕上がっているので、身体への当たりも柔らかなのも特徴です。
弊社のお客様の間でも、ジャクソンのバスタブはとても人気が高いのですが、ひとつだけ理由を挙げるとすれば、「バスタブとしての完成度の高さ」でしょうか。実はジャクソンは、日本で初めてバスタブにアクリルを採用した会社。独自の技術を開発し、難易度が非常に高い真空一体成型にこだわり、アクリルの1枚板から複雑な形状のバスタブの成型を行っているのです。バスタブは、1台、1台、国内の工場で一貫して製造されており、職人の手仕事で仕上げられています。こだわりと高い技術で生み出されたバスタブだからこそ、見る人を引き付けるのかもしれません。

今回のオーダーユニットバスの仕様

サイズ:1550×2000×H2200㎜
バスタブ:ジャクソン ベンティ1585ARC プレーン
水栓:TOTO 壁付サーモ式バス・シャワー水栓
手摺、タオルバー、棚:リラインス
照明:DAIKO LEDダウンライト
壁タイル:Marazzi evolution marble
床タイル:リクシル サーモタイル
扉:テンパードア(飛散防止フィルム:フロスト)

※参考事例:事例42 事例13

 

サイトマップ プライバシーについて   ©2014 Tokyo Bath Style All Rights Reseved.